« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月26日 (火)

卒業生を紹介します。Part2

今日は本校昼間生美容科を卒業し、現在丸亀市でヘアーフェリスを開店して6年目の藤原志穂さんをコメントと共に紹介します。

美容学校の頃を思い出すと授業がとても厳しかったのを覚えています。毎日、美容関係の法律から毛髪や皮膚のしくみ、技術以外のこともたくさん勉強することがあって大変でした。その上、基本技術の練習や国家試験対策など、気がつくと卒業を迎えていました。でも、学校生活がとてもアットホームで、生徒と先生方の距離が近くて何でも話せるとてもいい環境でした。但し、行儀が悪いとすぐ指導されましたけど。

子供の頃から夢だったスタイリストになり、ヘアーフェリスを開店して現在6年目を迎えました。サロンに就職してから15年、毎日いろんな方との出会いがあって楽しいですね。私の父が他界したとき、あるお客様がわざわざお花を届けてくださって、とても感激しました。いつもお客様を元気にしてあげる仕事だと思っていましたが、その時は私がその方に元気を頂きました。年齢を重ねるごとに経験が備わってスタイリストとお客様の垣根を越えたお付き合いができるようになったのが嬉しいですね。お客様が会いたい美容師になれるようこれからもがんばります。

昼間生 美容科藤原 志穂

平成8年3月卒業

丸亀市 ヘアーフェリス経営

4  

3

2011年7月11日 (月)

卒業生を紹介します

今日は、本校理容科を卒業して20年の上内 朋さんを彼のコメントと共に紹介します。

私が理容師になろうとしたきっかけは、中学生の頃行っていた理髪店のオーナーが、すごくカッコよくて自分も彼のようになりたかったからです。理容学校に通っていた頃はまだ1年制の頃でしたが、1年の間に授業だけではなくていろんな事を教わりました。そのお陰で現在の自分があると思っています。卒業後の就職先も校長から紹介され、京都市中京区にある理容プラザに就職しました。ある日、特別髭の濃い年配の男性の顔剃りをすることになり、とても緊張しました。何故か彼が来店する度に私に顔剃りが当り、何度目かの顔剃りが終わったときに一言「もう一人前や」と言われたことがとても嬉しかったのを覚えています。その人が寝たきりになった後も、直接私を指名してくださり整髪と顔剃りに家まで行っていました。理容の仕事はただ「髪を切る、顔を剃る」だけでは無いんですね。人の心までキレイにしてあげられる仕事だと、その人の満足げな顔を見たときに思いました。京都に来て20年、理容プラザの村上オーナーから店を任されるまでになりましたが理容師になって本当に良かったです。

昼間生 理容科 上内 朋

平成43月卒業

京都市中京区 理容プラザ経営

Photo   

2011年7月 2日 (土)

ウィッツ青山学園高等学校 丸亀キャンパスの生徒さんが体験入学!

7月2日土曜日、ウィッツ青山学園高等学校の皆さんが体験入学のために来校schoolカラーリングとカットの体験をしてもらいました。初めてウィッグを扱うので、大変だったと思いますが、時間がたつにつれて、ハサミの扱いにもなれてきて、個性的なヘアスタイルが完成しましたvirgo最後はバリカンを入れたり、レザーで削いだり思い思いに楽しんでもらいましたshine

まずはブリーチを体験、うまくできるかドキドキですねheart01

018  003

次はカットです、まずはハサミの持ち方からhairsalonこれがなかなか難しいんですcoldsweats01

006 007_2

初めてとは思えないハサミさばきですね、皆さんとても熱心ですsign01

009 008

斬新な作品に仕上がりました~scissors

010 011 015

012 014

ウィッツ青山学園高等学校の皆さん、お疲れ様でした、とても楽しい時間でした。ありがとうございましたwink 

専門学校 香川理容美容アカデミーでは、ご希望により体験授業を開催することもできます。興味のある方、一度ご連絡くださいtelephone 0877-46-3992岡田まで

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »